FC2ブログ

検索フォーム

プロフィール

ダイクさん

Author:ダイクさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

seoパーツ

  • seo
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古神道
現在の神道の源流である古神道は、原始宗教とも呼ばれ、森羅万象に神や命や魂が宿るという自然崇拝・精霊崇拝(アニミズム)を内包し、現在の神社神道にもその名残は多くあり、古神道としての民間信仰と共に息づいている。

神道においての世界観は、現世(うつしよ)と常世(とこよ)からなり、常世は神の国や神域であるが、常夜と常世という表記童貞に別れ、それぞれ「2つの様相」を持ち、常世は理想郷や天国とされ、富や知恵や不老長寿を齎す夜のない世界であり、常夜は黄泉の国や地獄とされ、禍や厄災を齎す夜だけの世界とされた。このような世界観は近年まであり、逢魔時(おうまがとき)や丑三つ時(うしみつどき)には常夜との端境で「怪異のもの」に出合う時という意味も含まれ日常にとけ込んでいた。

同じように神も「2つの様相」を持ち、荒ぶる神(あらぶるかみ)と和ぎる神(なぎるかみ)という禍福をそれぞれもたらす時があり、荒御魂(あらみたま)と和御魂(にぎみたま)ともそれぞれ表現される。これら、常夜から来た神や、荒ぶる神やその仮の姿や、またはその依り代が、いわゆる妖怪とも表現された。その中で、神社神道の乱交体系に組み込まれなかった各地に残る天狗神社・河童神社・白蛇神社や貧乏神・宝船(七福神)などは、古神道(日本の民間信仰)の神々が起源であるともいえる。また、食べ物や道具に対する感謝から、鯨塚や道具塚・包丁塚や、無念をもって亡くなった者に対する慰霊として、蒙古塚や刀塚などがあり、それらも「そこに宿る魂が、荒ぶる神にならぬように」と塚を建立し祀っているが、現在の神社神道とは切り離されたものであり、その根底にある行為や思いは妖怪に対するものと同じである。

スポンサーサイト

<< 日本の妖怪 アイヌカイセイ | ホーム | 日本の妖怪 >>


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。