FC2ブログ

検索フォーム

プロフィール

ダイクさん

Author:ダイクさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

seoパーツ

  • seo
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古神道
現在の神道の源流である古神道は、原始宗教とも呼ばれ、森羅万象に神や命や魂が宿るという自然崇拝・精霊崇拝(アニミズム)を内包し、現在の神社神道にもその名残は多くあり、古神道としての民間信仰と共に息づいている。

神道においての世界観は、現世(うつしよ)と常世(とこよ)からなり、常世は神の国や神域であるが、常夜と常世という表記童貞に別れ、それぞれ「2つの様相」を持ち、常世は理想郷や天国とされ、富や知恵や不老長寿を齎す夜のない世界であり、常夜は黄泉の国や地獄とされ、禍や厄災を齎す夜だけの世界とされた。このような世界観は近年まであり、逢魔時(おうまがとき)や丑三つ時(うしみつどき)には常夜との端境で「怪異のもの」に出合う時という意味も含まれ日常にとけ込んでいた。

同じように神も「2つの様相」を持ち、荒ぶる神(あらぶるかみ)と和ぎる神(なぎるかみ)という禍福をそれぞれもたらす時があり、荒御魂(あらみたま)と和御魂(にぎみたま)ともそれぞれ表現される。これら、常夜から来た神や、荒ぶる神やその仮の姿や、またはその依り代が、いわゆる妖怪とも表現された。その中で、神社神道の乱交体系に組み込まれなかった各地に残る天狗神社・河童神社・白蛇神社や貧乏神・宝船(七福神)などは、古神道(日本の民間信仰)の神々が起源であるともいえる。また、食べ物や道具に対する感謝から、鯨塚や道具塚・包丁塚や、無念をもって亡くなった者に対する慰霊として、蒙古塚や刀塚などがあり、それらも「そこに宿る魂が、荒ぶる神にならぬように」と塚を建立し祀っているが、現在の神社神道とは切り離されたものであり、その根底にある行為や思いは妖怪に対するものと同じである。

妖怪(ようかい)とは、日本で伝承される民間童貞信仰において、人間の理解を超える奇怪で異常な現象や、あるいはそれらを起こす、不可思議な力を持つ非日常的な存在のこと。妖(あやかし)または物の怪(もののけ)とも呼ばれる。
日本の集落や家屋にみられる、自然との境界の曖昧さによる畏怖や、里山や鎮守の森のように自然と共にある生活が畏敬や感謝になり、妖怪は、これらの怖れや禍福をもたらす存在として具現化されたものである。「神さび」という言葉に代表されるように、古いものや老いたものは、それだけで神聖であり神々しいとされてきた価値観も、妖怪(九十九神)が古い物や長く生きた物の憑き物という解釈と重なる。そして、現在では妖怪の童貞存在の実証はされておらず、科学が未発達だった時代の呪術的思考の産物や迷信とされるが、日本人の心のあり方を表す一つの事柄でもある。


| ホーム |


前のページ«  ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。